腫瘍マーカーとは?

腫瘍マーカーとは、血液検査により、体の中にがん細胞が存在してないかどうかを検査します。がん細胞(腫瘍)は、遺伝子情報が乱れる事で体内の細胞が異常分裂をして起こります。

がん細胞(腫瘍)に関する基礎研究が進んだことから、がん細胞(腫瘍)が通常の細胞と比べ、多くの糖質を消費していたり、がん細胞(腫瘍)の種類ごとに分泌されるホルモンなどの微量成分が異なることがわかってきました。これら血液の中での、がん細胞(腫瘍)ごとに分泌される成分を分析する事で体内にがん細胞(腫瘍)が潜んでいないかを調べるのが腫瘍マーカー(血液検査)です。

がんには多くの種類がありますが、中には腫瘍マーカー(しゅようマーカー)と呼ばれる、そのがんに特徴的な物質を産生するものがあります。

そのような物質のうち、体液中(主として血液中)で測定可能なものが、いわゆる「腫瘍マーカー」として臨床検査の場で使われています。腫瘍マーカーとは、正常細胞でほとんど産出されず、腫瘍細胞特異的に産出される物質、または腫瘍細胞が生体内にあることによって産出される物質と定義されています。

一般に腫瘍マーカー(しゅようマーカー)はがん以外の病気でも異常値をとることがあり、また臓器特異性(臓器を特定すること)に弱いので、最終的な診断には医師による診察や他の臨床検査等による総合的な判断が必要となります。